それっぽくなってきたアグレッティ

発芽したときは くるくる丸まって地を這って 
虫が出てきたかとギョッとする姿だったけど

だいぶ 「イタリアのオカヒジキ」っぽい姿になってきました。




どんなふうに植えたらいいのかなあ。
どうやって収穫するのかなあ。

情報が少ないから我流で「やってみる」けど

美味しさにはちょっと期待が持てそうでよかった。

エルバステラはだいぶ前に定植したけど なんだかどうみても
美味しくなさそうだし。

フレッシュバターを作ってみた

明日の朝ごはんはパンケーキを食べたい
と娘が言うので
いいよ〜
と言ったものの そうだ バターがちょっぴりしか残ってなかった。けど
たまたま冷蔵庫に生クリームが1パックある。(安売りしてたから目的も無く買った)

たしかひたすら撹拌するとバターができるはず。
それにずっと昔 知らなくて生クリームを泡立て過ぎてもろもろにするという失敗をしたので
実証済み。

生クリームをボールに入れてまずはケーキを作るときといっしょ。
手動でやろうかと思ったけど 電動にして正解。

美味しそうなホイップができてからさらにひたすら撹拌すると
やがてじわじわ水分が出てきて 炒り卵みたいなのができてくる。





ここまでくると早い。
どんどん水分が分離して こんなふうでたぶんできあがり。

無塩バターじゃなかったら 塩もいれて混ぜる。




これをクッキングペーパーを敷いたざるで水を切って
さらにペーパーを何度か替えて水気をとって
容器に入れて冷蔵庫で固める。




とはいえ すでに固まってはいるのでこのままの柔らかさの方が
パンには塗りやすかったりする。

ちょっぴりしかできないと思ってたのに意外とたくさんできたねと
試しに重さを量ってみたら約100g。
乳脂肪が50%くらいの生クリームだったからちょうど半分になってるわけ。

生クリームとバターがどちらも200gで同じくらいの値段だから
まあ高いと言えば高い。

気になるお味は?

たしかにフレッシュ。クセが無く油っぽくなくミルクの香り。
これを食べてみて 箱入りのバターってクセがあったんだなあとあらためてわかった。
でも あれはあれで美味しいと思う。
山菜のアクも美味しい感じ?

ともかく
バターってわりと簡単にできる。
でも
冷蔵庫にバターと生クリームのある確率のどっちが高いかを考えたら
切らしたときの知恵にはならないと思う。

小さな造園

実家の北側に坪庭というのかな小さな庭があります。
コの字の壁と塀にかこまれた小さなスペースで
30年近く前に父が家を建てるにあたって お風呂の一方を全面ガラス窓にして道路とは塀で仕切って
お風呂に入りながら庭を眺められるようにと たぶん設計も施工も自分でしたんだと思います。
徐々にいろいろ作っていくつもりで 水琴窟も作りたいなんてたいそうなことを言ってたらしいけど
一応できたら飽きたんだか そのまま放置されていました。

これは去年の秋のようす



陽当たり悪いから椿も他の木もひょろひょろに伸び上がるし
シダやこけばっかりはびこるし。 
だいたいライトアップでもしなきゃお風呂に入りながら眺められないから意味ないし
と思ってたんだけど
コの字の一方は(写真の奥です)母が日中過ごしている台所の部屋で
春夏は窓を開けているので
せっかくならそこから綺麗な眺めが見られるようにと 30年ぶりに手を入れることにしました。私が。

まず間延びして高いところで広がって傘のように日差しを遮っている枝を思い切って切ります。
でも 道からは綺麗に見えるのではみ出たところはそのままに。



種が落ちて生えてきた木を抜いて シダも根っこを掘って少し土も入れました。




それから 冬の間から考えて集めた日陰に強い植物の苗を植えます。
まだ小さな苗なので 上の写真とほとんど見た目変わらないんですが。



いちばん奥 部屋に近いところにヒューケラを5種。それからイワシャジン(地上部が無くなって見切り品になってた苗)
とアスチルベ。
真ん中のもっとも陽当たりが悪いところに ホスタ2種と斑入りシャガ。
手前の小高くなったところに唐糸草と紅白の秋明菊を植えました。
あと写真で見えない台所の正面の壁は塀が切れてやや陽当たりがいいので
クレマチスを2株植えています。

日陰なので花はあまり期待せずに葉っぱがきれいなものを選びました。

5月の半ばくらいになったらだいぶ繁ってくれるかなあ。
成功した写真をアップできたらいいな。




何を選ぶべきか 今年の兵器

今年もまもなくヤツらが出没する季節がやってきます。
庭や畑はようやく暖かくなって楽しい季節なのに 家の中では戦闘態勢に入る準備です。
思えば黒い影に怯えずに暮らせるのは一年のうち3〜4ヶ月。
今日ドラッグストアに行ったら 早くも新商品を含め兵器が並んでいました。
家に帰ってAmazonをチェックしたら 初めて見る兵器が数種類。
年々進化しているのか または結局撲滅するに至らず新しいものを出すしか無いのか。
商品レビューをみるとどれも星の数が多いつまりよく効くということか。
「まったく見なくなりました」とか。
いやいや これは違うんだということに気づいた。
だいたい ヤツらに特化した商品は総じて高い。
大金払ってでも使いたいという人はたいてい1匹いても我慢できないという人々だと思う。
つまりもともと家の中にそんなにいないんだから 見ないといったって遭遇しないだけではないのか。
そう思うと 何を使うかは自分で判断するしかない。
今年のリーサルウエポンはどれだ!
去年新商品の「フマキラー ワンプッシュ」を使ってみた。
隙間にプッシュすると薬剤が拡散して隠れたヤツらが這いだして死ぬらしい。
つまり 効果が目に見えるのと家具を動かした時死骸があって飛び上がるという恐れが無くなるということか。
でも
プッシュしてしばらくはドキドキしながらその場にいるしかない(瀕死で動き回られたくないから)
そして持続性はないらしい。

今年の新商品は「アース プッシュプロ」
(なお両商品とも商品名から不快な単語を省いています)
こっちは正反対
「見ないで退治!」とあるように 隙間にプッシュするとその場で滅!
そして効果は1週間続くらしい。
「ワンプッシュ」よりだいぶ安い。
今年はこれも使ってみよう。
でも
両方同時に使ったらどうなるんだろうね?

そして不意打ちされた時には「ジェットプロ」が最強と思うのでこの3種の兵器で対抗するつもり。

今年は見ないで済むといいけど。
去年の夏 それまでの数年分も見たのは 隣の集会所のリフォームのせいだと思う。
仮住まいに使われたに違いない。
どうか居心地のよい安全な住まいに戻って欲しいと思う。

イタリア野菜を作ってみよう! と思う

ズッキーニとかバジル(野菜じゃないか)とかトマトとか
夏になるとおいしい野菜は大好きで前から作ってるけど
今年は初めての野菜もいろいろ作ってみようかと思います。
すでに種はネットでいろいろ入手できるけど 野菜としては
スーパー(田舎のスーパー)にはまだまだ並んでいないので。

去年は産直で買ったカリフローレが感動的に美味しくて夫に作ってもらいました。
伸びきって花が開いてしまったカリフラワーのような姿なんだけど茎が甘くて美味しいんです。

それから 高知の朝市で見つけて試しに買ってみたカーボロネロ


P1030861 のコピー


黒キャベツって名前だけど 姿はキャベツというより高菜みたい。
煮込んでも煮くずれないということですが
ベーコンや新玉ねぎといっしょに炒めてからちょっと煮込んだら
柔らかいのにグズグズにはならなくてちょっと甘みもあって私は好み。
蒔くにはちょっと遅いので秋に向って育ててみるつもり。

アグレッティ
友だちがイタリアンレストランで食べて美味しかったという
イタリアのオカヒジキ
種がなかなかみつからなかったんだけどようやくオークションで見つけて
半分こにして蒔いてみることにしました。
今日蒔いたんだけど発芽率が低いからどうなるかなあ。



写真が無いけどこれから種を蒔く予定のセルバチコ(ワイルドルッコラ)
実はルッコラ苦手なんだけど いっそワイルドならかえっていけるかもと。

そして
もっともおいしくなさそうなのがこれ




エルバステラ 
これも高知の朝市で見つけました。いちばんレアだと思う。
星の草って意味だけどなんでかな。葉っぱのぎざぎざ?
学校の校庭によく生えてて草取りのときになかなかぬけないオオバコのなかまらしいです。
宿恨だから植えっぱなし。
説明読んでもあんまりおいしそうに思えないけど 花が咲いたらあんがい可愛いので
観賞用でもいいかと。


あんまり難しそうなものはないので 収穫を乞うご期待。

種まきの季節

夏野菜の種まきをはじめました。
トマトはもう7年め。
上達したかっていうと トマトはほぼ100%発芽するので
上手も下手もありません。




毎年少しずつ品種を変えて 今年は
料理用を3種 生食用を3種 
たぶん今まででいちばん少ないです。
とはいえ夫もトマトを育てると言って4種類くらい蒔いてるんだけど。

今年はズッキーニをいろいろ蒔いてみました。
トマトは今しか蒔けないけど(あとで挿し芽でいくらでも増やせるけど)
ズッキーニは長い期間蒔けるので 時期をちょっとずつずらして
うまくいったら秋遅くまでずっと食べれるといいな。

アルブカの花咲いてます

蕾が下から順にほどけてきて
花のてっぺんまで70センチを超えるほど伸びました。




地味な花だけど 大きいからけっこう存在感があります。
それに
とてもよい香りがするんです。

花が咲きだしてから 葉っぱはどんどん枯れていって
今はしょぼしょぼ状態です。
花が終わったら休眠して 秋涼しくなってからまた新芽を出すらしいです。
出てきた葉っぱが ふたたびくるくるしてくれたらいいんだけど。

くるくるの葉っぱ アルブカふたたび

ちょうど二年前の画像です。



葉っぱがくるくる螺旋状に巻くってことで 買って帰りました。半額になってたし。
記憶の中では買った時はくるくるしてたと思ってたけど
してないねえ
ネットで調べても情報が少なく それでも日光と風あたらないとくるくるしないとわかって
外に出したっけ。
夏には地上部が枯れて 秋にまた芽吹くんだけど
やっぱり



ワケギ状態のまま。
結局いちどもくるくるしたのを見てないってこと。

それなのに 去年の晩秋また見つけて買ってきました。
くるくるしてる!すごい!バネみたい。
しかも
今度は前のやつの何倍も背丈が高く葉っぱも太い。
こっちは「アルブカ・スピラリス」ってラベルがついています。
さらに
年が明けて花芽も上がってきました。




楽しみです。

敵に情けをかける

畑の雪もこの前の雨ですっかり溶けました。
気になりながら寒くてなかなか行ってみなかったんだけど
今日 雪以来はじめて行ったみたら
レモンとせとかの樹がひどく傾いていました。
折れたりしたわけじゃないので ヘタに中途半端にいじるより
このまま天気が安定するまでおいといてからしっかり立て直してつっかえをしてやることにします。

柑橘は熟してきて これから鳥との戦いです。
せとかや清見はもうしばらく木にならしたまま美味しくなるのを待ちたいけど
食べられてしまったらがっかりだし。
せとかは防鳥ネットをかけてるから 一応安心は安心なんだけど。
その防鳥ネットに ひっかかっている鳥を見つけました。
たぶんヒヨドリ。
防鳥ネットなんで捕鳥ネットじゃないのに。

まだひっかかって間もないらしく元気にもがいていて近づくと大騒ぎで攻撃しようとします。
ものすごく怖いんだろうなあ。
敵とは言え そのままにするのはしのびないのでなんとか外しにかかりました。
ヘタするとつつかれるので 一気に背中をつかんだら
さらに大騒ぎをするのでなるべく早くしてやりたいんだけど 
ひっぱるとケガするので 収穫用のはさみでひとつずつ糸を切って外していくしかない。
その間も逃れようと大騒ぎ。そりゃ怖いよねえ。

複雑に絡まってるので ほどけないところは後でまたひっかからないように短く切って
最後に羽が広がるか確認して地面に置いたら
なんとか低空飛行で薮の方に飛んで行きました。
どれくらい生きてられるかはわからないけどね。

つづら持ってくるかなあ。小さい方をお願いします。



ついに雪が

この冬はじめて本格的に積もりました。
昨夜寝る前 庭がうっすら白くなってはいたんだけど
一晩でこんなに積もるなんて・・・・やだ・・・。



雪掻きしないと買いものにも行けないし。
見越して買いだめしとけばいいんだけど 不意打ちだし。
不意打ちと思ってるのは私だけかもしれんけど。

ともかくさっきゴミ出しは行ってきました。
いつもは車で持って行くんだけど 車の雪下ろしと雪掻きをするより
(どうせ後でやらなきゃいけないんだけど)
歩く方を選択しました。

帰り道新雪を手に取ると ぎゅっと締まって
雪だるまを作るのに最適な雪です。
夕方までに きっと道々いくつかの雪だるまを見ることと思います。
小さい子どもがお父さんと雪だるまを作ってるのはとても微笑ましく懐かしい光景です。
もう少し大きな子供たちが雪遊びをしてるのをあまり見なくなりました。
むしろもっと大きな子供(?)
雪の積もらない地域から来てる大学生がはしゃいで遊んでるみたいです。

雪を握って雪玉を作ったらふっと思い出しました。
子供の頃はもっとたびたび雪が積もったんだけど
遠くの電柱に向って雪玉を命中させようとひとりで黙々と雪玉を投げつづけてたな。
屋根の雪やつららを落とすことに熱中したりね。
星飛雄馬になろうと思ってたわけじゃないけど そんなことがひたすら面白かったんだろうと思う。
そして 延々とそんなことをしていられるくらい時間がいっぱいあったんだろうな。





プロフィール

hagi19

Author:hagi19
大雑把な庭です。自然のままに見えて実はきちんと手入れしている.....のは理想。見た通り手を掛けていません。枯らした植物は数知れず。でも気に入ったものは取りあえず植えてみて、もしも私の庭を居心地よく感じてくれたら居着いて翌年も花を咲かせてくれています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター