スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それっぽくなってきたアグレッティ

発芽したときは くるくる丸まって地を這って 
虫が出てきたかとギョッとする姿だったけど

だいぶ 「イタリアのオカヒジキ」っぽい姿になってきました。




どんなふうに植えたらいいのかなあ。
どうやって収穫するのかなあ。

情報が少ないから我流で「やってみる」けど

美味しさにはちょっと期待が持てそうでよかった。

エルバステラはだいぶ前に定植したけど なんだかどうみても
美味しくなさそうだし。

スポンサーサイト

イタリア野菜を作ってみよう! と思う

ズッキーニとかバジル(野菜じゃないか)とかトマトとか
夏になるとおいしい野菜は大好きで前から作ってるけど
今年は初めての野菜もいろいろ作ってみようかと思います。
すでに種はネットでいろいろ入手できるけど 野菜としては
スーパー(田舎のスーパー)にはまだまだ並んでいないので。

去年は産直で買ったカリフローレが感動的に美味しくて夫に作ってもらいました。
伸びきって花が開いてしまったカリフラワーのような姿なんだけど茎が甘くて美味しいんです。

それから 高知の朝市で見つけて試しに買ってみたカーボロネロ


P1030861 のコピー


黒キャベツって名前だけど 姿はキャベツというより高菜みたい。
煮込んでも煮くずれないということですが
ベーコンや新玉ねぎといっしょに炒めてからちょっと煮込んだら
柔らかいのにグズグズにはならなくてちょっと甘みもあって私は好み。
蒔くにはちょっと遅いので秋に向って育ててみるつもり。

アグレッティ
友だちがイタリアンレストランで食べて美味しかったという
イタリアのオカヒジキ
種がなかなかみつからなかったんだけどようやくオークションで見つけて
半分こにして蒔いてみることにしました。
今日蒔いたんだけど発芽率が低いからどうなるかなあ。



写真が無いけどこれから種を蒔く予定のセルバチコ(ワイルドルッコラ)
実はルッコラ苦手なんだけど いっそワイルドならかえっていけるかもと。

そして
もっともおいしくなさそうなのがこれ




エルバステラ 
これも高知の朝市で見つけました。いちばんレアだと思う。
星の草って意味だけどなんでかな。葉っぱのぎざぎざ?
学校の校庭によく生えてて草取りのときになかなかぬけないオオバコのなかまらしいです。
宿恨だから植えっぱなし。
説明読んでもあんまりおいしそうに思えないけど 花が咲いたらあんがい可愛いので
観賞用でもいいかと。


あんまり難しそうなものはないので 収穫を乞うご期待。

種まきの季節

夏野菜の種まきをはじめました。
トマトはもう7年め。
上達したかっていうと トマトはほぼ100%発芽するので
上手も下手もありません。




毎年少しずつ品種を変えて 今年は
料理用を3種 生食用を3種 
たぶん今まででいちばん少ないです。
とはいえ夫もトマトを育てると言って4種類くらい蒔いてるんだけど。

今年はズッキーニをいろいろ蒔いてみました。
トマトは今しか蒔けないけど(あとで挿し芽でいくらでも増やせるけど)
ズッキーニは長い期間蒔けるので 時期をちょっとずつずらして
うまくいったら秋遅くまでずっと食べれるといいな。

野菜に追われる日々はじまる

夏野菜がどんどん採れ始めています。
ゆるゆるとなが〜く採れるといいんだけどね。

採れ過ぎた野菜は加工するしかない。




キュウリのスライスは夫が先日美味しかった佃煮を再び作ってくれる予定。
シシトウは私が佃煮。毎年恒例。
トマトは採れた分からソースにして1年分を冷凍保存です。

シシリアンルージュ プラス毎年いろいろな調理用トマトを試してみたけど
結局シシリアンで作るのがいちばん美味しいと思う。
ソース用はもうこれだけでいいや。

サヤエンドウの放任栽培

野菜作りにおいて「放任」という言葉は実に魅力的に響きます。
(私にとってはね)
すでに3年目のトマトのソバージュ栽培は放任栽培ではあるんだけど
支柱を立てたりネットを張ったり追肥もするしまったくの放任というわけではないかな。

そこで今回初めて試みる(2度目はないかもね)サヤエンドウの放任栽培ですが
「正真正銘放任」です。
私が勝手に思いついたのでトマトと違ってマニュアルなんてないのですが
放任なので問題ありません。エンドウにまかせるのみ。

ことの始まりは 野菜雑誌に載ってた記事

「エンドウは原産地ではそこらに絡みつきながら 勝手に広がって
実をつけると種を落として増えていく」というような内容でした。

読むなり私の頭に浮かんだ光景は
私のナギナタガヤに被さるように繁っていく迷惑なカラスノエンドウでした。
そうか!
カラスノエンドウもサヤエンドウももとはたいして変わらないんじゃないか。
きっと ナギナタガヤをクッションのように利用して絡みながら育つんじゃないかな。
そして良いことに 先に育つナギナタガヤが 小苗のときの大敵の風から
守ってくれるんじゃないかな。

という思いつきで 伸び始めたナギナタガヤの隙間に種を蒔きました。
お試しなのでほんの一区画にね。

2月のはじめのようすです



ダメになったのや鳥に食べられたのかもしれないのもあって
蒔いたのの半分くらい残っています。
そうそう サヤエンドウはキヌサヤにしました。オオサヤより先祖に近いんじゃないかなと思って。


4月はじめ




なかなか大きくならなかったけど ようやく大丈夫かなってところまで
育ちました。個体数はやや減ってるような。


先週です





ちゃんと花が咲いています。
イメージではカラスのエンドウのようにナギナタガヤに覆い被さる形だったんだけど
支柱もなしに自立しています。伸びてきたナギナタガヤが支えているのかな。



まだ少しだけど実もなっています。




成功!
収量はちょっぴりかもしれないけど 家で食べるぶんだから
ぽつぽつなってくれたら充分。
何にもお世話してないのに多くは望みません。

よくがんばったキヌサヤ。
よくサポートしてくれたナギナタガヤ。

Good job!


プロフィール

hagi19

Author:hagi19
大雑把な庭です。自然のままに見えて実はきちんと手入れしている.....のは理想。見た通り手を掛けていません。枯らした植物は数知れず。でも気に入ったものは取りあえず植えてみて、もしも私の庭を居心地よく感じてくれたら居着いて翌年も花を咲かせてくれています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。