スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴明の庭からパティオに

花の形で言うと穂になって咲く花が好きです。
姿は背丈があって細身で風に揺れる草花が好きです。
そういう草花が どこからどこまでって区切られてるわけでもなく
気ままに咲いてる野原のような庭にしたいと思っていました。
十年かもうちょっと前だけど 夢枕獏の「陰陽師」を読んで 
「そうそう!これなの」
安倍晴明の屋敷の庭はそのまま私の理想でした。
さすがにススキを植えるほど家の庭は広くないから
もっと慎ましやかなグラスとか 女郎花とか 河原ナデシコとか
洋花でも風にそよぐガウラとか 
こんな感じになりました。




ただ 困ったことがひとつ。
ひとつだけど かなりやっかいなそれは
私はバラが大好きだってこと。
すでに すでに家の庭にはけっこうな数のバラが・・・そしてまだ欲しい。
晴明の庭とバラかあ・・・どう考えてもミスマッチ。でもどちらも捨てられない。
結果
うちの庭は 「安倍晴明のイギリスの別荘」ということになりました。

しかしそれから十年のうちに やっぱりバラに押されて
晴明エリアは狭まり「晴明の坪庭」になり
この秋ついに
ブルーベリーの鉢植えを地に降ろすことにして 庭の大幅な模様替えとなりました。
その結果 晴明の最後の砦にまとめてバラを植え替えて
晴明エリアの植物は庭にお引っ越しとなりました。
「家の庭」ではない「庭」というのは実家の前にある広いスペースのことです。

そこなら広々とあらためて野原のような庭もできるかなと思っています。

そして家の庭のほうは
せっかくバラがあるのにイングリッシュガーデン風とはいかずに
葉っぱが主張する庭にしたいなあと。
私は南の植物も大好きでツヤツヤの大きな葉っぱ大好きなので
スペインや南国のパティオ(うちのは中庭じゃないけど ちょっと囲まれた感のある庭です)みたいに
夏が似合う緑が濃く花の色が鮮やかな庭にしたいなあと思っています。
バラは・・・・なんとか馴染んでもらいます。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

萩さんこんばんは
晴明の庭って なんて読むんだろう
晴れ晴れとして明るい雰囲気の庭って事なんだろうかと読み進めてみたら
あぁ 羽生結弦くんのあの曲だな SEIMEI
私は本も読んだ事無いし 興味も無かったのでまるっきり知らなかった
10年も前から 自分の庭はこういう風にしたいと
しっかりした考えを持ってたんだねぇ
それってすごく大事だよね
これからの庭に対する思いも強く固まってるみたいだしいいね 
うん  とってもいい
私も見習って おおざっぱすぎる思いを もうすこし細かくして
現実に作って行けれるように頑張ります
でも残念な事に 今 母屋まわりの庭は 100点満点中5点くらいです

myi.さん

うちの家の庭こそ5点だよ。写真は4〜5年前のようすで その後次々バラを買っては隙間を探して植えて収拾がつかなくなって放置してました。この秋にやっと整理してこれからってところ。広い方の庭ができてそっちが楽しくなってたしね。でも毎日目に入るところを自分の好みで心地よくしたいなあと。myi.さんちのおうちの周りは5点なんかじゃないよ〜。いいなあって思うことよくあるよ。
晴明はそうそう羽生くんの今シーズンのテーマだったね。
>しっかりした考え
そんな〜この私にあるはずが・・・・v-398
「陰陽師」のお話にたびたび出てくる「野原の一角を切り取ってそのままもってきたような」(正確じゃないけど)っていう庭がすごく好きなの。
雑草もありだしね。
プロフィール

hagi19

Author:hagi19
大雑把な庭です。自然のままに見えて実はきちんと手入れしている.....のは理想。見た通り手を掛けていません。枯らした植物は数知れず。でも気に入ったものは取りあえず植えてみて、もしも私の庭を居心地よく感じてくれたら居着いて翌年も花を咲かせてくれています。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。